グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

2017-06-18から1日間の記事一覧

《ラドヴィッド》

配備:敵2体を封印(または解除)し、さらに4ずつダメージを与える。 《ラドヴィッド》は北方諸国勢力のリーダー。 《フォルテスト》《ヘンセルト》がこちらの戦力・盤面を強化するリーダーであるのに対し、この《ラドヴィッド》は相手の戦力を削ぎ、効果を…

《フォルテスト》

あなたの手札とデッキにある全てのゴールドでない「忠実」ユニットに1ずつブーストを与える。 《フォルテスト》は北方諸国勢力のリーダー。 第1ラウンド1ターン目にこれを出すことで大きな戦力アドバンテージを得ることができる。他のリーダーと違い、3ラウ…

《ヘンセルト》

配備:味方ブロンズ1体の同名カード全てをデッキからプレイする。 《ヘンセルト》は北方諸国勢力のリーダー。 ブロンズとはいえデッキから最大2枚のユニットをプレイできるのは非常に強力。 自身の戦力は2と低いものの、その強力な効果から一気に大きな戦力…

《モルヴラン・ヴーヒス》

配備:両プレイヤーの手札からカードを最大3枚選び、公開する。 《モルヴラン・ヴーヒス》はニルフガード勢力のリーダー。 公開シナジーを活かした【公開ニルフガード】のキーカードとして採用される。 シナジーのあるカード 《マンゴネル》:2点×3火力を出…

《ジョン・カルヴェイト》

配備:あなたのデッキの一番上にあるゴールド以外のカード3枚を見る。いずれかをプレイし、残りをデッキに戻す。 《ジョン・カルヴェイト》はニルフガード勢力のリーダー。 デッキからカードをプレイできる効果を持ち、自身の戦力と合わせてテンポを取ること…

《エムヒル・ヴァル・エムレイス》

配備:味方1体を手札に戻し、その後、手札からカード1枚をプレイする。 《エムヒル・ヴァル・エムレイス》はニルフガード勢力のリーダー。 味方1体を手札に戻すことでダメージを取り除きつつ、再びプレイすることで「配備」効果を再利用するという使い方が強…

《ダゴン》

配備:≪冬将軍≫、≪濃霧≫、≪豪雨≫のいずれかを生成する。 《ダゴン》はモンスター勢力のリーダー。 その効果から「霜」「霧」「雨」のいずれかの天候を発生させることができる。 他のカードと組み合わせることでその力を発揮する《エレディン》《見えざる者》…

《エレディン》

配備:ブロンズ「ワイルドハント」1体を生成する。 《エレディン》はモンスター勢力のリーダー。 生成できるワイルドハントは以下の4種で、《エレディン》自身の戦力5も加えることでここまでのボードアドバンテージを得られる↓ 《ワイルドハントの猟犬》:デ…

《見えざる者》

配備:味方3体を捕食する(ブーストを得る代わりに、それらの戦力値分ベースアップを得る)。 《見えざる者》はモンスター勢力のリーダー。 味方の捕食であるため、実質的な戦力はこのユニットの元々のステータスである5しか上昇しないものの、“カードの効果…