グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

【公開ニルフガード】デッキ解説

デッキレシピ

リーダー:
《モルヴラン・ヴーヒス》

ゴールド:
《レオ・ボンハート》
《ヴァティエール・ド・リドー》
《ティボル・エッゲブラフト》
《カヒル》

シルバー:
《ピーター・ザール・グィンリーヴ》
《ヨアキム・ド・ヴェット》
《カンタレラ》
《シンシア》
《セリット》
《アルブリヒ》

ブロンズ:
《マンゴネル》×3
《ファイアースコーピオン》×3
《ディアラン旅団の歩兵》×3
《錬金術師》×3
《ニルフガード軍の騎士》×3

 

デッキの特徴

手札を公開するユニットと、公開されることで効果を発動するユニットのシナジーを活かしたデッキ。
カードを公開する度にダメージを飛ばせる《マンゴネル》が最大の強み。

 

《モルヴラン・ヴーヒス》

f:id:bonkula-t:20170613110450p:plain

配備:両プレイヤーの手札からカードを最大3枚選び、公開する。

このデッキのリーダー。一度に三枚のカードを公開できる。盤面に《マンゴネル》、手札に《ファイアースコーピオン》《ディアラン旅団の歩兵》がある状態で使えばとんでもないアドバンテージを得ることが出来る。

 

《マンゴネル》

f:id:bonkula-t:20170613110440p:plain

カード1枚が公開されるたび、無作為に選んだ敵1体に2ダメージを与える。

カードを公開するたびにダメージを飛ばせるこのデッキのアドバンテージ源。

 

《ファイアースコーピオン》

f:id:bonkula-t:20170613110445p:plain

このユニットが公開されると、無作為に選んだ敵1体に3ダメージを与える。
配備:敵1体に3ダメージを与える。

公開から3点、さらに配備からも3点を出すことができる強力な火力ユニット。自身の戦力と合わせればこれ一枚で最大12点の戦力差を出すことができる。
《マンゴネル》と共に使うことで相手の盤面をズタズタにしてくれる。

 

《ディアラン旅団の歩兵》

f:id:bonkula-t:20170613110435p:plain

このユニットが公開されると、このユニットをプレイし、カード1枚をドローする。

公開されることでプレイできるユニット。1ドローもつくため実質手札消費無しで展開することができ、テンポを取ることができる。

 

《ヴァティエール・ド・リドー》

f:id:bonkula-t:20170613110455p:plain

配備:あなたの手札からカードを最大2枚公開する。そうして公開されたカード1枚につき、対戦相手の手札から無作為に選んだカード1枚を公開する。

自分と相手合わせて四枚の手札を公開できる。《マンゴネル》と非常に相性が良く、一気に2点×4火力を飛ばせる。このユニット自体の戦力も8と高め。