グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

【ヘンセルト北方諸国】デッキ解説

デッキレシピ

リーダー:
《ヘンセルト》

ゴールド:
《フィリパ・エイルハート》
《シャニ》
《ヴァーノン・ロッシュ》
《キーラ・メッツ》

シルバー:
《ネネッケ》
《援軍》
《アルズールの複十字》
《マルガリータ・ロークス=アンティル》
《操る者》
《ローチ》

ブロンズ:
《クリンフリッド団の狩人》×3
《アレトゥーザの魔道士》×3
《ダン・バナー隊の軽騎兵》×3
《冬将軍》×3
《クリンフリッド団の斥候》×2
《刺青隊の斥候》

 

デッキの特徴

《ヘンセルト》のアビリティから《クリンフリッド団の狩人》または《アレトゥーザの魔道士》を一気に三体盤面に揃え、その強力な効果から大幅な有利を取ることを狙ったデッキ。
このコンボから1ラウンドは圧倒的に強い展開ができるのが特徴。

 

キーカード

f:id:bonkula-t:20170615112149p:plain

《ヘンセルト》
配備:味方ブロンズ1体のを選ぶ。あなたのデッキからその同名カード全てをプレイする。

このデッキのリーダー。この効果を使うことで同名ブロンズ三体を一気に盤面に揃えることができる。

 

f:id:bonkula-t:20170615112147p:plain

《クリンフリッド団の狩人》
結束:このユニットの全ての同名カードを1ずつブーストさせる(場所は問わない)。
トリオ:最強の敵にその戦力値の半分のダメージを与える(小数点切り下げ)。

 《ヘンセルト》と組み合わせることで大きな力を発揮できるユニット。三体揃えることで「結束」からそれぞれにブーストが連鎖して掛かり、一体あたりの戦力が10まで強化される。《クリンフリッド団の狩人》⇒ 《ヘンセルト》と動くだけで合計32の戦力を得ることができ、さらに「トリオ」アビリティも発動するため相手の戦力を削ぐことも出来る。

 

f:id:bonkula-t:20170615112148p:plain

《アレトゥーザの魔道士》
配備:あなたのデッキから無作為に選んだブロンズ「天候」カード1枚をプレイする。

デッキから「天候」をプレイできるユニット。単体での汎用性も高いが、 《ヘンセルト》と組みわせて三体揃えれば相手の列すべてに天候を発生させることも可能。このコンボが決まれば圧倒的に有利な盤面を作ることができる。

 

f:id:bonkula-t:20170615112138p:plain

《クリンフリッド団の斥候》
配備:自身と同名でない味方ブロンズ1体を選ぶ。あなたのデッキからその同名カード1枚をプレイする。

小型版《ヘンセルト》。《ヘンセルト》を使用した後のラウンドでもこのユニットを使うことで上記のユニットを並べたコンボを狙うことができる。

 

f:id:bonkula-t:20170615112145p:plain

《操る者》
配備:あなたの手札にあるブロンズユニット1体を選び、その同名カード1枚を両プレイヤーの手札に作り出す。

 《クリンフリッド団の狩人》をコピーすることで同名カードを最大4体並べることができるようになり、「結束」からさらに大きなブーストを狙えるようになる。相手の手札にも同名カードをコピーしてしまうデメリットはあるものの、相手が 《クリンフリッド団の狩人》を採用していないデッキならこのユニットの効果を活かすことはできないので、こちらの方が圧倒的に有利に使うことが出来る。
《アレトゥーザの魔道士》をコピーした場合も相手が「天候」を採用していないデッキなら効果を活かすことができず、こちらだけに有利に働く。

f:id:bonkula-t:20170615112146p:plain

《キーラ・メッツ》
配備:≪クエンの印≫、≪疫病≫、≪霊薬:雷光≫のいずれかを生成する。

《クエンの印》《霊薬:雷光》が《ヘンセルト》効果と相性が良い。《疫病》も相手のデッキによっては大きく刺さり、状況に応じた使い分けが可能。