グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

【ダメージスケリッジ】デッキ解説

デッキレシピ

リーダー:
《不具のハラルド》

ゴールド:
《ビルナ・ブラン》
《ヴァビョルン》
《ヤルマール》
《ゲラルト:アード》

シルバー:
《オクヴィスト》
《白き霜》
《グレミスト》
《オルガー・ブラックハンド》
《ブルーボーイ・ルゴス》
《シグルドリファ》

ブロンズ:
《テルショック一族の斧兵》×3
《フラヤの女司祭》×3
《ドラムンド一族の盾乙女》×3
《獰猛な熊》×3
《スタメルフォードの激震》
《ディメリティウムの枷》
《冬将軍》

 

デッキの特徴

相手にダメージを与えることに特化したデッキ。広範囲にダメージを与えるカードが非常に多いことから《不具のハラルド》《ドラムンド一族の盾乙女》のカードパワーを最大限に活かすことができるのが強み。
その性質から大量展開系のデッキに対して滅法強く、敵のダメージをトリガーにブーストしていく《テルショック一族の斧兵》を一気に育てることも出来る。

 

キーカード

f:id:bonkula-t:20170617125348p:plain

《不具のハラルド》
配備:ユニット1体に5ダメージを与える。そうしてそのユニットが破壊された場合、ダメージ量を1減らしてこのアビリティを繰り返す。

このデッキのリーダー。敵を破壊すればダメージを連鎖させていくことができ、最大で合計15ものダメージをたたき出せるのが魅力。他のダメージカードで相手ユニットの戦力を調整することで、このリーダーの効果を最大限に活かすことができる。

 

f:id:bonkula-t:20170617125335p:plain

《ドラムンド一族の盾乙女》
古参兵:1ベースアップを得る。
配備:ユニット1体に2ダメージを与える。そのユニットが既にダメージを受けている場合、あなたのデッキから≪ドラムンド一族の盾乙女≫1体をプレイする。

ダメージを受けているユニットにダメージを与えれば同名カードをデッキからプレイでき、効果を連鎖させられるユニット。広範囲にダメージを与える手段が豊富なこのデッキでは簡単にこのユニットを大量展開できる。

 

f:id:bonkula-t:20170617125330p:plain

《獰猛な熊》
敵がプレイされるたび、そのユニットに1ダメージを与える。

その効果から安定して相手の戦力を削ぐことができ、1ターン目に出すと非常に強力。《ドラムンド一族の盾乙女》ともシナジーがある。

 

f:id:bonkula-t:20170617125346p:plain

《テルショック一族の斧兵》
2アーマーを持つ。古参兵:1ベースアップを得る。
敵1体がダメージを受けるたび、1ブーストを得る。

元の戦力こそ低いものの、毎ターン多数の敵にダメージを与えられるこのデッキでは恐ろしい速度で成長していく。広範囲ダメージで相手の戦力を削ぎつつ《テルショック一族の斧兵》をブーストさせていくことで大きな“戦力差”を出していくのがこのデッキの戦い方。

 

f:id:bonkula-t:20170617125349p:plain

《冬将軍》
いずれかの列に「霜」を発生させる。
霜:ターン開始時:列にある全てのユニットに1ずづダメージを与える。

f:id:bonkula-t:20170617125343p:plain

《白き霜》
いずれかの列(敵陣側)と、その後方の列に「霜」を発生させる。
霜:ターン開始時:列にある全てのユニットに1ずづダメージを与える。

「霜」は毎ターン広範囲の敵にダメージを与えられるため、《テルショック一族の斧兵》のブーストを一気に加速させることができる。もちろん相手の戦力を削る用途としても有用。

 

f:id:bonkula-t:20170617125344p:plain

《ゲラルト:アード》
配備:隣り合わせの敵5体を一列後方に移動させ、それらに2ずつダメージを与える。

最大5体の敵に2ダメージを与えられるユニット。相手を「天候」のある列に押し込めればより有利な盤面を作り出せる。このユニット自体の戦力も8と高めなのも優秀。

 

f:id:bonkula-t:20170617125345p:plain

《スタメルフォードの激震》
無作為に選んだ敵8体に2ずづダメージを与える。

最大8体の敵にダメージを飛ばせるスペシャル。《テルショック一族の斧兵》を一気に8ブーストさせることもでき、このコンボが決まれば最大で24もの戦力差を出すことができる。

 

f:id:bonkula-t:20170617125347p:plain

《ヴァビョルン》
ターン終了時:ダメージを受けた戦力値が2以下の敵全てに2ずつダメージを与える。

ダメージを受け戦力2以下になった敵に“止め”を刺せるユニット。広範囲の敵にダメージを与える手段が豊富なこのデッキと非常に相性が良い。
《不具のハラルド》とは微妙にアンチシナジーなのでそれぞれ異なるラウンドで使っていきたい。