グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

【モークヴァーグスケリッジ】デッキ解説

デッキレシピ

リーダー:
《クラフ・アン・クライト》

ゴールド:
《カンビ》
《海イノシシ》
《アヴァラック》
《ヤルマール》

シルバー:
《オルギエルド》
《おとり》
《アルズールの複十字》
《モークヴァーグ》
《グレミスト》
《シグルドリファ》

ブロンズ:
《トルダーロク一族の盾職人》×3
《フラヤの女司祭》×3
《ドラムンド一族の盾乙女》×3
《獰猛な熊》×3
《アルズールの雷撃》×2
《ブロクヴァル一族の射手》

 

デッキの特徴

1ターン目に《クラフ・アン・クライト》から圧倒的に場持ちの良い《モークヴァーグ》を展開することで継続的なボードアドバンテージを取っていくデッキ。《トルダーロク一族の盾職人》や《海イノシシ》で《モークヴァーグ》をベースアップさせていくことで、ラウンド間で途切れない戦力を維持していくことが出来る。

 

キーカード

f:id:bonkula-t:20170617125342p:plain

《クラフ・アン・クライト》
配備:あなたのデッキからゴールドでない最強「忠実」ユニット1体をプレイし、3ベースアップと1ダメージを与える。

その効果から1ターン目から確実に《モークヴァーグ》を展開できる。ベースアップ値が高いのも優秀。

 

f:id:bonkula-t:20170617125338p:plain

《モークヴァーグ》
このユニットは、破棄されるか破壊されるたび復活し、3ベースダウンを受ける。

相手の除去はもちろん、ラウンド終了後に墓地に送られた場合も復活するため圧倒的な場持ちの良さを持つ。1ラウンド目にこれを出すことで、2~3ラウンド目も有利な盤面状態からスタートできるのがこのデッキの強み。
他のカードでベースアップしていくことで復活後の弱体化も抑えることができる。

 

f:id:bonkula-t:20170617125340p:plain

《オルギエルド》
ラウンド2と3の開始時、このユニットが墓地にある場合、このユニットを復活させ、2ベースダウンを与える。

《モークヴァーグ》とほとんど同じ使用感で使えるユニット。《モークヴァーグ》が手札に来た場合は《クラフ・アン・クライト》からこちらをリクルートすることができ、1ラウウンド目に《モークヴァーグ》と《オルギエルド》を揃えることが出来れば、その後のラウンドも圧倒的に有利になる。

 

f:id:bonkula-t:20170617125341p:plain

《海イノシシ》
ターン開始時:左隣のユニット1体に1ベースアップを与え、右隣のユニット1体に1ダメージを与える。

f:id:bonkula-t:20170617125339p:plain

《トルダーロク一族の盾職人》
古参兵:1ベースアップを得る。
配備:ユニット1体に2ベースアップを与える。

他のユニットにベースアップを与えられるユニット。《モークヴァーグ》や《オルギエルド》をベースアップさせれば次ラウンド以降も戦力強化が活かされるため非常に強力。

 

f:id:bonkula-t:20170617125334p:plain

《フラヤの女司祭》
配備:あなたの墓地にあるブロンズユニット1体を復活させる。

f:id:bonkula-t:20170617125332p:plain

《シグルドリファ》
配備:あなたの墓地にあるユニット1体を復活させる。

 墓地のユニットを復活できるカード。このデッキでは《トルダーロク一族の盾職人》を復活させることでベースアップ効果を使いまわしていく。

 

f:id:bonkula-t:20170617125337p:plain

《おとり》
味方1体をあなたの手札に戻し、3ベースアップを与え、その後、そのユニットをプレイする。

手札に戻すことでダメージを回復させつつベースアップも与えられるため《モークヴァーグ》や《オルギエルド》のサポートに使える。また「配備」を再利用できるという性質から《フラヤの女司祭》《シグルドリファ》に使い復活効果を使いまわす動きも強力。