グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

《勅令》

f:id:bonkula-t:20170625002045p:plain

あなたのデッキにあるゴールドカード1枚を選んでプレイする。選ばなかったカードを無作為に戻す。

 

《勅令》はニュートラルのゴールドスペシャル。

デッキから好きなゴールドをプレイできる。これだけ見ると最高のカードのように思えるが、このカードを採用することで1試合で使えるゴールドカードの数が実質3枚までになるということは留意しておきたい。

 

グウェントはカードの効果を受けないゴールドユニットの使いどころが非常に重要なゲームで、基本的にはゴールドユニットをたくさん出したプレイヤーの方が有利になる。

《勅令》を採用するとデッキの安定性は上がるものの、使えるゴールドカードの数が実質3枚までになるため、相手が1試合で4枚のゴールドカードを使ってきた場合はカードバリュー面で不利になってしまう。

 

また他のゴールドカードを3枚使用した後にこのカードを引いてしまうと完全に腐る点にも注意。ラウンド開始時ならマリガンでデッキに戻せばいいが、どちらにしても“ゴールド1枚分損をする”ことには変わりない。

 

特定のゴールドと強いシナジーを持つデッキなら、そのゴールドを安定展開する手段としてこのカードを採用するのはアリ。

ただ上記のデメリットからか、現状環境ではあまり採用されていない。