グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

《ティボル・エッゲブラフト》

f:id:bonkula-t:20170626203727p:plain

配備:いずれのプレイヤーもパスしていない場合、15ブーストを得る。その後、対戦相手はデッキから一番上にあるブロンズカード1枚をドローし、公開する。

 

《ティボル・エッゲブラフト》はニルフガード勢力のゴールドユニット。

場に出すだけで戦力23になる超高戦力ユニット。その代わり相手にブロンズ1枚のドローをさせてしまうデメリットがある。

ゴールドであるため除去される心配も無く、これを出すことで大きな戦力値を固定できるのが最大の強み。

 

《ティボル・エッゲブラフト》を使ったプレイングと注意点

このカードの出すのは3ラウンド目に限定した方が良い。

1・2ラウンド目でこのユニットを出してしまうと、次ラウンド以降で相手に与えた1枚のハンドアドが大きく響いてしまう。

逆に3ラウンド目なら手札よりも最終的な総戦力が重要になるため、《ティボル・エッゲブラフト》の高戦力で確実に勝負を決めに行くことができる。

 

以上のことから、このユニットは勝負を決める“とどめのカード”として採用・プレイするのがオススメ。

 

シナジーのあるカード

《セリット》:公開されたユニットの戦力を1にすることで《ティボル・エッゲブラフト》のデメリットを最小限に抑えることができる。