グウェント部!

Gwentのカードやデッキ考察ブログ

「天候」の効果変更!7/5アップデートでグウェント環境はどう変わる!?

2017年7月5日に、多数のカード調整を含む大幅なアップデートが行われました↓

 

その中でも最大の目玉は「天候」の効果変更↓

霜:列の最弱ユニット一体に2ダメージ

濃霧:列の最強ユニット一体に2ダメージ

豪雨:列の最弱ユニット最大5体に1ダメージ

 

これまで列の複数のユニットにダメージを与えていけるのが強みであった天候が実質的なナーフ修正を受けました。これはかなりの弱体化です。

 

前環境のグウェントは「天候」の存在からユニットを大量に並べるデッキは不利とされ、天候を主体にしたコントロールデッキや、天候とシナジーを作りやすいデッキが幅を利かせていました。

しかし、今回の調整により、天候最大の強みであった“複数のユニットへのダメージ”が霜と濃霧は出来なくなり、豪雨も前の「全ての最弱ユニットに2ダメージ」からは大幅にナーフされた効果になってしまった。

これによりユニットを大量に並べることの弱点が少なくなり、よりユニット主体の環境になっていくことが予想されます。

 

これまで天候に頼っていたコントロール系のデッキは駆逐され、ユニットを軸に如何に戦力を伸ばしていくかがどのデッキでも重要視されるようになるでしょう。

「天候」が環境から激減することで《日の出》などの天候メタを採用する必要も無くなり、より攻撃的なデッキ構築ができるようなるのもメリットですね。

そして天候が減り、ユニット主体の環境になることで《アルズールの雷撃》や《焦土》などのダメージ・除去リソースの重要度が増し、これらのカードで相手の核となるユニットをどう潰していくかが新たな戦略・読み合いのカギになっていくでしょう。

 

ゲーム性が根本から変わりかねない今回の天候ナーフ。これによりグウェントがどう変わっていくのか、良くも悪くも短いスパンで調整をしまくっているこのゲームの今後が楽しみです。